買取業者

古銭の買取業者とは何者だ?利用した友人の話によると

古銭の買取業者とはいったい何者だ

さて、前回の記事では大変話が逸れてしまい、誰に謝るでもないが、申し訳なさがある。

よく広告で目に留まる「古銭買取業者」について執筆していこうと思う。

実は古銭買取業者は、私の古銭好きの数少ない友人が利用したことがある。

この友人も私と同じく、インターネットが発達してから古銭にのめり込んだクチであり、その点でも個人的な親近感がある。

まず古銭買取業者とは、古銭を買取してくれる業者で、買取金額もなかなか良いらしい。

ただ、古銭の鑑定ではないとの事だ。例えば、鑑定会社のPCGSやNGCとは違い、専門的な鑑定を受けることは出来ない。

あくまでも、古銭の買取価値を判断してもらうための業者らしい。

古銭は鑑定済みの物だと価値が上がったり、販売価格も高額だったりするが、その点では望めないようだ。

古銭やコインの鑑定であれば、素直にPCGSやNGCへ鑑定料を払い、鑑定してもらうのがベストな方法であると思う。

PCGSの鑑定の方が評価は厳しいので、あくまでグレードを上げたいのであればNGCを利用するのがおすすめだ。

ただ、購入側もそれを分かっているので、PCGS鑑定済みコインの方が価値が高くなっている傾向にある。

面白い話である。

 

古銭の買取に準ずる価値を知ることが出来る

鑑定機関ではないのが残念であるが、ただ、古銭の買取価値というのは、非常に心惹かれる言葉である。

古銭仲間内ではあまり口に出さないが、そもそも「持っている古銭はいくらで売れるのか」は、誰しもが気にしているところだ。

古銭の大体の価値は分かるのだが、買取という観点で見ると、さっぱりだ。

 

買取ということは、とどのつまり、中古品前提の売買、さらに再販までが見通されるのが買取価格というわけだ。

つまり、価値が高いと思って保有していた古銭も、買取の面ではかなり安くなってしまった・・・といった可能性もあるのではないか。

 

現に、古銭の価値は需要でも大幅に変わってくる。アンティークコインなどが面白い例だ。

アンティークコインの価値は、需要と希少性で成り立っている。アンティークコインや古銭を投資のために収集している専門家もいるくらいだ。

そのため「購入したときは価値が高かったから」と鷹を括っていてはいけない。

古銭買取業者は鑑定機関ではないが、古銭の買取価値を知ることが出来る。

利用の仕方によっては、かなり利便性が高い業者ではないのか。

この友人には色々教えてもらったので、また別の機会で記事にしようかとも考えている。

 

古銭を買取ってくれる業者っていったい何だ?

よく広告で見る「古銭買取業者」の存在

さて、古銭についてネットで調べていると、よく広告が出てくる。

「古銭高価買取!」などと書かれた広告で、有名芸能人が起用されている広告もあるし、誰もが知る有名古銭がデザインされている広告もある。

私の好みなぞどこで拾ってくるのかとも思うが、上手くできた仕組みだとは思う。

さて、古銭の買取といえば、かつては古銭商であった。一部の骨董品店でも取り扱いがあったか。

ただ、古銭商は敷居が高く、とにかく入りづらいのである。バブルの頃に再度記念硬貨ブームが訪れたが、そのときに2~3回訪れたのみである。

何を隠そう、私の古銭趣味が飛躍していったのは、インターネットの登場がきっかけだ。

WEBサイトでの古銭通販を幾度も利用し、実際に数回、販売側と揉めたこともある(笑)

現物が確認できないのがインターネットの大きな弱点だとは思うが、それを遥かに上回る利便性だ。

実際、私が住んでいるのは結構な田舎で、アクセスも悪い。古銭商などは当然ない。

だが不便を感じずに細々とでも古銭を収集出来ているのは、インターネットが発達してくれたおかげである。

大阪万博やつくば万博、沖縄海洋博などで近未来が近づいてくるのをひしひしと感じてはいたが、まさかこれほどに違和感なく、私の日常に溶け込むとは思わなかった。

新しいスマホには苦戦するが、パソコンのキー打ちには今はもうあまり苦労していない。

キー打ちといえば、予測変換の賢さにも驚かされる。

私が古銭について何度も調べるので、これも私のパソコンが好みを知り尽くしているのかも知れないが、例えば「わどうかいちん」と打ち込んでも、即座に「和同開珎」と候補に出してくれるのだ。

複雑な名前の多い古銭にとって、これは非常にありがたいツールである。

ブログなどで交流する古銭仲間も欲しいところだが、これまで色々人付き合いには難儀してきた。

インターネットと古銭と共に、ゆっくりと余生を楽しみたい所存だ。

ここまでつらつらと執筆し、さて何の話だったかと思い返す。そう、古銭の買取業者の話であった。

「古銭を買取している業者って、いったい何者だ?」というところである。

ここまで記事が長くなってしまったので、この表題については、また次の記事に分けようかとも思う。

題名に若干の偽りを感じ、申し訳なさがあるが、個人の古銭ブログで誰が見るわけでもない。

好きにやらせていただこうかと思っている。