日本中が沸いた、東京オリンピック。1964年、昭和39年に開催された。

全国民がオリンピックに注目、参加を申込む国が現れる度に大きく湧き、国民一団となって応援。

そんな1964年オリンピックの「記念硬貨」について取り上げることにする。

1964年東京オリンピック1000円銀貨

1964年東京オリンピックの記念硬貨は、何を隠そう、日本で初めて発行された記念硬貨である。

この1000円銀貨は、当時の日本の硬貨にはない額面だったので、「オリンピック東京大会記念のための千円の臨時補助貨幣の発行に関する法律」を定め、発行された。

発行は造幣局であるが、当時の造幣局は忙しかったために、円形作成までの作業は民間に委託された。

 

1964年東京オリンピック1000円銀貨の発行数は1500万1516枚とかなり多いが、これは各家庭に1枚は行き渡るようにという目算で発行された。

図柄は富士と桜があしらわれ、日本をイメージして作られたことが伺える。

 

1964年東京オリンピック1000円銀貨は金融機関での両替で入手することが出来たが、引き換え日当日にはかなりの人が押し寄せ、長蛇の列が出来ていたそうだ。

あっという間にオリンピック1000円銀貨は品切れになってしまうが、その後すぐに高額で転売されることとなる。

当時はそれほどまでに記念硬貨への興味・関心が強く、このオリンピック記念硬貨をきっかけに日本に記念硬貨収集ブームが起きることになる。

 

東京オリンピック100円記念硬貨とは

東京オリンピック記念硬貨は、1000円銀貨と100円銀貨の2種類が発行された。

東京オリンピック100円銀貨の発行数は、こちらも8000万8056枚とかなり多い。これは国民ひとりひとりに行き渡るようにと設定された数値である。

あまりにも発行枚数が多かったため、普通の100円玉と一緒にしばらく市場に流通することとなる。

 

オリンピック100円銀貨の図柄は公募で定められたもので、聖火と五輪と取り入れたオリンピックらしいデザインにまとまっている。