日本で一番古い古銭は、和同開珎か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古銭は奥が深い。

ブログの一記事目で紹介するのは、誰もが知るこの古銭にしようか。

 

日本古銭の代表格・和同開珎

君は、和同開珎を知っているだろうか。

そう、何を隠そう、日本で恐らく最も有名であろう古銭である。

歴史に教科書にも和同開珎は掲載されている。

何故なら、日本で最古の古銭であるからだ。かつてはそう言われていた。

 

和同開珎が発行されたのは708年8月29日。

表面には「和同開珎」の銭文があり、時計回りに読むことが出来る。

 

だが、歴史はひっくり返る。

日本最古の古銭とされていた和同開珎よりも前に、作られた古銭が出土したのだ。

滋賀県の崇福寺跡にて出土した、11枚の古銭。

これこそが本当の日本最古の古銭「無文銀銭」である。

 

和同開珎より40年以上も前に作られていたとされる。どうにも完敗である。

 

だが、「無文銀銭」の名の通り、この古銭には銭文がない。

申し訳程度に、真ん中に小さな穴が開いているだけだ。

銀板をたたいて成形しただけの古銭なので、無理もない。

 

私は「日本最古の古銭は和同開珎」世代なので、このニュースを知ったとき、心底驚いた。

だが古銭に限らず、日本の歴史や年号は、結構修正されているらしい。

ニュースに疎いと、こうしたことを知ったときの驚きもひとしおだ。

 

だが私が驚いている間、周りは「そんなことも知らないの」という目を向けてくるのである。

 

この古銭の買取業者をおすすめしているサイトでは色々な古銭の情報も載っているので結構参考になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。